ゲーム制作と人気ジャンルのお話

今日のお仕事は4時間ほど。

暑くなってきましたね。

洗濯物を取り込むときに、服に引っ付いてた虫に悪戦苦闘するくらいには、夏を感じてます。

服を振っても取れないから、ほうきの柄でバシバシ叩くみたいなIQ5くらいの行動してました。

多分これですね。足が引っかかって布から全然取れなかった。

アオドウガネ(*虫注意)
https://www.insects.jp/kon-koganeaodougane.htm

「アツマール」にてゲーム投稿

そうね。ゲームをね。投稿したんですよ。

本当に意味もなく、皿洗い勇者が襲われるゲーム(BL)です。

どこからどう見てもRPGツクール製ですね。

 

ゲーム制作が未完成のまま放棄されることを「エターナる」とか「エタる」とかいったりします。

私の場合は、面白そうなプラグインを見つけたらとりあえず取り込みたくなる性分でして、それが原因で作業が煩雑になり飽きてやめる、みたいなのを繰り返していたんです。

RPGツクールMV自体は、5年くらい前に購入してました。

 

というわけで、ちょっと1回単純なやつ作って投稿したろ、と思いまして。

作って投稿しました。

作って投稿したろ、って思ってたんで。

 

いやでもこれ2、3か月くらいかかったんですよね。

最初は、お仕事するゲームにしようかなって思ってて。

まずは皿洗いのみで、スキルを学ぶとできる仕事が増えていく、みたいなゲーム作ろうとしてたんです。

んで、「勇者」っていうのもスキルの1つで、これを取得したかどうかでEDが変わるみたいなの作るつもりでした。

 

途中で、「いやこれまたエターナるやつじゃん!!」と気づいてやめました。

だから「皿洗い勇者」だったり「雇用主」だったり、お金が稼げたりする仕様はその名残です。

その辺のタイトルやテキストに何ら意味はありません。ご了承ください。

地道に伸ばせるジャンル

ゲーム投稿サイト「アツマール」を見ていて感じたことをば。

やっぱり、やりこみ要素のあるゲームって強いですね。

ぱっと目を引くわけではないけれど、再生数とかコメント数とか地道に増やしていけるという感じです。

選択肢はシンプルで、やりこみ要素で長時間できるゲームなんかがランキングに長期間残り続けてます。

 

そういった意味で、この「ヘビ貿易」は本当に強いなって思う。

できることは少ないし、同じことの繰り返しになるけれど、やりこみが面白い。

ちゃんと考えないと詰んでしまうし、考えて進めば実績解除が早くなる。

もちろん運要素もあるけれど、その辺の難易度が絶妙にちょうどいいゲームなんですよね。

やりこめば、ちょっとずつ新しい要素が出てくるから、ずっとやめられない、みたいな。

 

発想も面白いし、サムネ見たら気になっちゃうだろうし、実際面白いし。

すごいなーと思ったのでした。