【ABC160 A】「Coffee」を解く【Python3】

abc160a

コンテスト一覧へ

 

長さ6の文字列が「coffee」に似ているかどうかを判定する問題です。

提出
s = input()

if s[2] == s[3] and s[4] == s[5]:
    print("Yes")
else:
    print("No")

文字列の入力は「s = input()」で受け取ることができます。

インデックスを指定して、2と3、4と5の位置にある文字がそれぞれ等しいかどうかを判定すると求めることができます。

インデックスは0始まりなので、上記の方法で3文字目と4文字目、5文字目と6文字目の比較をしていることになります。

文字取得

インデックスの指定を行うと、指定した位置の文字が取得されます。

s = "atcoder"
print(s[2])
# > "c"

【ABC160】解説記事リスト

コンテスト一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。