「未来にはない」

旅行する女性

ある日、過去へ行くように、教授から命じられた。

過去を研究して、レポートにまとめろというのだ。

 

課題は居住用建築物。

人々の生活が多様化した時代。

そこで建物の構造や彼らの生活習慣などを調査するように、という話だ。

私一人で。

 

その日のうちに荷造りをして、翌日には飛ぶこととなった。

目的の時代のことは、教科書で読んだことがあり、少しは知っている。

そうはいっても、初めての過去遠征だ。

何から手をつけていいものかわからず、二日間を無駄に潰した。

 

三日目の朝、メモ帳を片手に街中をぶらぶら歩いていたときに、それを発見した。

 

その様式美に私は一目惚れしてしまった。

私の時代では考えられない形の建物だったのだ。

 

まず、入り口が円形である。

扉はとても重かった。

軽い材質で扉が作れない時代ではない。何か意味があるはずだ。

 

重くすることで、厳重さを見せていたのかもしれない。

この時代ならではの考え方なのだろう。

 

しかし、これでは重すぎないか。

子供たちはどうしているのだろう。謎だ。

 

建物には屋根から入る。

建物の中枢はずっと下の奥底にあるらしい。

ハシゴで降りていくなんて、ロマンのある建物ではないか。

 

ただ、ちょっと薄暗くて湿っぽくて、音が重く響く。

 

建物の名称もちょっと弱々しい。

『ガンダム』くらいの硬さが欲しい。

『セコム』くらいのスマートさが欲しい。

 

今の時代に帰り、課題のレポートを提出したら、教授に突き返された。

 

「お前は何をやっているんだ」

「ふざけていないで課題のものをきちんと提出しろ」

 

あらら、おかしいな。

 

ええと、すみません。

 

 

それなら、マンホールってなんなんですか?

この物語はフィクションです。 実在の人物、地名、団体などとは関係がありません。

当サイトのコンテンツ(画像、テキスト等)の無断転載・無断使用・複製を固く禁じます。

また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。